ホームインスペクション 

一生に一度の買い物なのに・・・その建物大丈夫ですか?

なぜホームインスペクションなのか

オートレーザによる傾き調査

                 オートレーザーによる傾き調査

「夢にまで見たマイホーム」等と言われるように、住宅購入は「一生に一度の大きな買い物」です。しかし、買う前にしっかりと「その家」調べてますか?中古住宅を買う際、現代の仲介システムでは情報があまりにも少なすぎるのが現状です。結果、「買ってから不具合が分かり大金が・・・」なんて事も珍しくはありません。
そんな事にならないよう、中古住宅流通が活発な欧米では、購入前に専門家がホームインスペクションを行うことは常識となっています。それにはサービスを利用したお客様の得られるメリットが多いことが大きな理由として挙げられます。

メンバー画像

・一般の人では分かりにくい部分を専門家の視点で建物調査してくれる。
・不具合があった場合、修理可能かどうか、またその費用を知ることができる
・中古一戸建て住宅のメリット、デメリットを知った上で購入するか判断できる。
・入居後の想定外の費用の発生を可能な限り抑えられる。
・専門家のチェックのおかげで安心して住むことができる。
・ 購入前にリフォームの概算金額を知ることができる

MIMAのホームインスペクターは、必ず建築士の資格を持ったプロが調査、診断し、診断後には調査票も発行、購入後の費用、問題点等が把握しやすくし、安全、安心の住宅購入のお手伝いをさせて頂きます!

ホームインスペクションをすると… 

figure

ホームインスペクションって何?

ホームインスペクション。まだ日本には馴染みのない言葉かもしれませんね。

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅診断を行う"ホームインスペクター"が、購入、売却希望物件の状態・コンディションを事前に調査し、購入後のリスク・コストについての費用等を把握しやすくすることです。

最近では日本でも長期優良住宅の普及・促進の影響で、中古住宅売買が増加傾向にあります。これから購入を考えている方…建物のコンディションを買う前に把握しなくて大丈夫ですか?買った後に「雨漏り」や「歪み」が見つかったなんて話聞きませんか?

このようなことにならないためにも、中古住宅を安心して購入できるための「ホームインスペクション」、中古住宅売買における不安を解消できることがポイントとして期待されています。

打診棒によるモルタルの浮きチェック

            打診棒によるモルタルの浮きチェック

調査報告書

                              調査報告書

料金

中古住宅一戸建て

不動産サポートコース

目視で、住宅の劣化具合や、施工状態を簡易的に確認する住宅診断です。目視で各状態の確認、湿気や、雨漏り、漏水など建物が健全な状態かどうかの確認をします。また、設備等の確認もします。
(調査員 原則1名)

基本コース

目視と、専門の機械を使用し、住宅の劣化具合や施工状態を確認する住宅診断です。「床下」「小屋裏」など開口付近から目視、進入可能な場合進入し、各状態の確認、湿気や木材含有水分率、雨漏りや漏水など、建物が健全な状態かどうかの確認をします。また、外壁、設備等の確認もします。
(調査員 原則1名)

オプション

上記コースお申し込みのお客様は下記金額でオプションを加えられます。

屋根診断

耐震診断

適合証明書

コース比較

  不動産購入サポートコース(目視) 基本コース(目視)
こんな方にオススメ 入居者がいたり調査に時間が取れない場合 空き家や購入決定時にしっかり見てほしい場合
ご依頼の目安 比較検討中に ご契約前に
報告書 簡易調査報告書 調査報告書
床下調査 △ 点検口から覗ける範囲の調査 ○ 点検口から床下に入って移動できる範囲の調査
小屋裏調査 △ 点検口から覗ける範囲の調査 ○ 点検口から小屋裏に入って移動できる範囲の調査
機材使用
外部 △ 目視による全体チェック ○ 外壁の浮き、クラックチェック
所要時間 約1時間 約3時間
屋根診断 オプション(+10,500円) オプション(+10,500円)
耐震診断 オプション(+31,500円) オプション(+31,500円)
フラット35適合証明 オプション(+21,000円) オプション(+21,000円)
料金 38,000円 58,000円

オプションにつきましては単独でも承っております。

price

詳しくはお気軽にお問い合わせください

電話番号

メールフォームはこちら

中古住宅購入を考えている方

基礎鉄筋の有無の調査

        基礎鉄筋の有無の調査

中古住宅・マンションを考えた際に、当然下見をするでしょう。しかしながら、一般の人では分からない部分や見えない個所も多く存在します。実際に購入した後に、劣化していた部分、欠陥部分を見つける事もしばしばです。左に掲載した画像は、実際に住宅の鉄筋の状態を検査している写真です。購入前に状態が把握できていれば購入を考える、もしくはリフォーム費用の用意もできたかもしれません。そうならないためにも、ホームインスペクターのご利用を是非お勧めいたします。

不動産購入サポートをご覧ください

カタログ請求はこちら

お問い合わせはこちら

ページトップへ