リニュアル仲介15のメリット

通常の中古住宅購入の場合、新築住宅とは違い、工務店やメーカーの保証などがありません。
したがって不安が多い中で購入の決断を強いられます。しかし、このリニュアル仲介では、中古住宅の個人間売買でありながら、新築以上の安心と充実のアフターサービス、資産としての住宅価値を確かなものにします。

各アイコン説明

1、建築士による建物調査を2物件まで無料で実施

建物調査を2物件まで無料

物件購入予定1世帯に付き2物件まで、無料で物件調査(インスペクション)が受けられます。
検査は日本木造住宅耐震補強事業者協同組合で研修・講習を受け認定された建築士が担当します。住宅購入の判断基準にしてください。

※ 建物調査は建築士が行い、建築士事務所登録がされている建築士が調査票を発行いたします。

借入れ可能金額の事前確認を無料で実施

フラット35での借入可能額を事前確認いたします。

フラット35での借入可能額を事前確認いたします。
いくらまで借り入れ可能かということは、多くの方が不安に感じるところです。

事前確認することで、安心して物件探し、リフォームプラン作りが進められます。

住宅金融支援機構の「フラット35」利用で、安心の長期固定金利

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構の提携による長期固定金利の住宅ローン商品です。 長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。


平成21年6月4日より「経済危機対策」に伴う【フラット35】の制度拡充を実施されています。(3年間の時限措置)

threetext

希望のリフォームを実施後、住宅を購入できる

ビフォーアフター

自分の好きなリフォームを売主と相談のうえ実施いたします。
建物内装については、中古物件でありながら注文住宅の様に自由設計が可能です。

ご自身のライフスタイルにあったリフォームを実施してください。

住宅購入資金としてリフォーム可能、低い金利で目一杯リフォーム

物件購入代金とリフォーム代金を別々にローンを組んだ場合、通常は物件購入代金の金利よりもリフォーム代金の金利の方が、2~2.5%程度高くなります。
リニュアル仲介の場合、物件購入代金とリフォーム代金の合計金額が住宅取得代金となるので、一括して低金利かつ最長35年間の住宅ローンを組むことが可能です。

リフォーム例

0.3%引き下げが10年間使用できる仕様でお引き渡し

0.3%引き下げが10年間使用できる仕様でお引き渡し_イメージ

リフォームをフラット35S(中古タイプ)の仕様にすることで、当初10年間の金利が0.3%(年率)引き下げされます。

※ フラット35Sとは…フラット35S(優良住宅取得支援制度)とは、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性に優れた住宅を取得する場合、借入金利を当初10年間0.3%引き下げする住宅金融支援機構の制度のことを言います。

耐震性を確保し、劣化事象を解消

耐震性を確保し、劣化事象を解消_イメージ

一戸建ての場合は「耐震+劣化調査」、マンションの場合は「劣化調査」をリフォーム前に実施いたします。

調査結果に基づき、リフォーム内容には耐震改修及び劣化事象解消を必ずご提案いたします。

■一戸建ての場合…耐震+劣化調査費用 6万3,000円(税込)
※ハウスメーカーの物件等、一部特定メーカーでないと調査できない物件があります。
 その際には事前にお見積りしてご提示申し上げます。
■マンションの場合…劣化調査費用 3万1,500円(税込)

リフォーム工事の完成保証

リフォーム工事の完成保証

万が一、工事業者の倒産等でリフォーム工事の継続が困難な場合、リフォーム工事に関しては他の優良建築会社で工事を引き継ぎ、完成保証いたします。

安心の瑕疵保証

安心の瑕疵保証_イメージ

中古住宅で不安なのが、住宅購入後、住んでから分かる瑕疵(欠陥)です。
リニュアル仲介では、住宅購入後2年間の瑕疵保証をいたします。

※ 調査や解体時に確認できているところに限ります。
※ 近々、国による中古住宅の瑕疵保険が開始される予定です。中古住宅でも5年間、瑕疵が発見された場合は、保険で瑕疵を解消いたします。(その際は、別途保険料を頂戴いたします。)

住所履歴書に自動登録

住所履歴書に自動登録_イメージ

住宅履歴書(SMILEシステム)自動登録し、正確な住宅の情報を蓄積していきます。

大切な住まいの価値を損なわないよう、「住宅履歴」をしっかり残します。さらに、住宅購入後の定期点検の内容についても住宅履歴に情報を蓄積していきます。

長期修繕計画のご提案

長期修繕計画のご提案_イメージ

住宅の価値を保つ為には定期的なメンテナンスとその情報の蓄積が欠かせません。

築年数や現状の物件の状態に応じて、購入した物件の資産価値を失わないよう、将来にわたっての長期修繕計画を作成いたします。また、その管理方法についてもご提案いたします。

5年間、毎年一回の定期点検の実施(3ヶ月後点検も実施)

5年間、毎年一回の定期点検の実施(3ヶ月後点検も実施)_イメージ

長期修繕計画に基づいて、3ヶ月後点検、1年後点検の後、毎年1回の定期点検を実施します。

5年目には床下・屋根裏調査を含めた劣化調査を行います。(5年目以降は有償)定期点検内容は全て住宅履歴書に蓄積いたします。
●マンションの場合は専有部分に限ります。
●5年目以降、月額2,100円(税込)<1年契約単位>
(1年に1回の定期点検と住宅履歴への自動登録。また、24時間緊急電話対応、緊急出動サービスが付帯いたします。)

24時間365日、緊急電話対受付及び緊急出動サービス

24時間365日、緊急電話対受付及び緊急出動サービス_イメージ

住まいに関する緊急のトラブルなど、電話受付(無料)緊急駆けつけサービス(有料)を受けることができます。

電話受付(無料)と緊急駆けつけサービス(有料)説明

住まいるサポートサービス&アフターサービス引き継ぎ保証

住まいるサポートサービス&アフターサービス引き継ぎ保証_イメージ

お住まいのお手入れや小さな修繕などは、住まいるサポートサービスをご利用ください。

また、万が一、工事業者の倒産等でアフターサービスの継続が困難な場合、アフターサービスを他の優良建築会社で引き継ぎ、サービスを継続的に提供いたします。

※ 住まいるサポートサービスは、平成21年7月現在東京・神奈川・埼玉・ 千葉のエリアにおいてサービス提供しています。順次サービス エリアを拡大いたします。

必要に応じて耐震基準適合証明書を発行&住宅性能評価書を発行(有償)

必要に応じて耐震基準適合証明書を発行&住宅性能評価書を発行(有償)_イメージ

リニュアル仲介時に必要な耐震改修を施し、住宅ローン減税を利用できる状態でお引渡しいたします※。
また、ご希望に応じて住宅性能評価機関(ハウスジーメン社)が住宅の性能評価を行い、その結果を住宅性能評価書として交付します。(別途費用)

※耐震改修は木造のみ

ページトップへ