八尾市で耐震診断無料に騙されてはいけない!耐震診断で小屋裏、床下を調査しないと分からない事…

毎ドーーーン

昨日八尾市で耐震診断を行ってきた関元でございますざま

さて、耐震診断というものは、調査者によって見るところが違うと思いますが、皆様はどのような耐震診断・調査をしてほしいと考えていはるのでしょうか

私の感覚としては普通、他の耐震診断者は小屋裏も覗くだけ、床下も覗くだけなような気がします。

実は小屋裏、床下は問題点が結構あるのに…

八尾市の先日伺ったお家の小屋裏はこんな感じでした

耐震診断 小屋裏 屋根裏 天井裏調査

 

 

 

←画像をクリックして動画を見る

耐震診断 小屋裏 天井裏 屋根裏調査

 

 

 

 

←見ます?

 

耐震診断 小屋裏 天井裏 屋根裏調査

 

 

 

 

 

 

ま、動画でお話している通りです。

天井裏は覗くだけでは…ダメだと思う派です

私でしたら2番目の画像・動画の部分やその他の怪しい部位にレンコン金物と呼ばれているリフォーム用羽子板か普通の羽子板の取付を提案するです、はい

リフォーム用羽子板

 

 

 

 

 

 

こんな感じのやつです。

あっ、画像を一生懸命クリックして頂いた方済みません、これは動画なしです(笑)

小屋裏も計算上には表れない構造の問題が沢山潜んでいますので、そのようなことを見逃さないためにもサルの如く梁の上を歩いて可能な限り耐震診断を行う方がいいですよね。

次に床下でございます。

耐震診断 床下 基礎 土台 腐食

 

 

←さぁ、クリックのタイミングは今だ

 

耐震診断 床下 基礎 土台 腐食 水分量 白蟻 含水率 含水計

 

 

 

←今田

 

 

床下も小屋裏と同様、耐震診断では家の評点に影響するような事象が結構あります

土台がずれていたり、土台がなかったり、基礎に隙間があったりと

基礎の問題でしたら強さを低減するなどの措置を行う必要がありますので、耐震診断では床下に潜らずに「大丈夫だろう」という考えは危険です

「大丈夫だろう」設計で総合評点0.72あったとしても、こういったことを見逃していたら実際は0.69などになる恐れもありますよね。

もちろん確認できない箇所はありますし、本当は筋かい入っていても確認できないところは確認できないので、バシッと完璧な診断・設計はできませんが、少しでも現況の状態を正確に近づける為には耐震診断では手を抜いてはいけませんよね

点検口から覗いて、手を伸ばしてカメラでパシャッと…そんな確認方法ではあきまへん派です

さぁホフク前進で出発だぁー

念のため八尾市で耐震診断会社を選ぶ基準、見極め方の動画のリンクを貼っておきます。参考になればいいかなと。

>>>耐震診断はどこに頼めばいいの?<<<

ということで、本題に入りますと、最近八尾市では「耐震診断無料」というのが流行っているのでしょうか

はい?もう読み疲れました

もう少しの辛抱です。大金をドブに捨てない為にも…

「耐震診断無料」…今までの私の話(文字…)を聞いて如何思いますか?

耐震診断無料でやると…恐らく手抜きますよ(笑) 手を抜くというのは語弊あるかもしれませんが、私ほど細かく見ないでしょうね

軽い気持ちで耐震診断無料に惹かれて依頼すると、「やらないと壊れますよ、やらないといけませんよ」と恐怖心だけ植えつけられて契約を迫られるパターンですね歩合制の会社にはよくあるパターンです。

そして耐震診断無料にした分、設計費、工事費に乗っけられてたら結局は同じことです

八尾市の補助を利用するとしても、診断会社の違いによって設計・工事に進むにつれて工事費に差が生まれますので、慎重に八尾市の業者を選びたいものです。また参考程度にリンク貼っておきますね

>>>会社選びのポイント<<<

耐震診断無料、耐震診断無料と謳うのはやはり耐震補強工事の仕事が何としてでも欲しいからなのでしょう心理が伺えます。このような会社はお金の臭いしかしません

このブログを見て頂いた方は「耐震診断無料」という文字に踊らされずに、確りと業者を見極めて依頼して下さいね

↓勉強熱心なパパ方はこちら↓

耐震リフォーム 専用HP2

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>