リフォーム用語集

見付面積

風を受ける建物の面積のことで、風圧力に対する必要軸組の長さを求める元になる。
見付面積は、張り間方向(小屋梁と平行の方向)、けた行き方向(小屋梁と直角の方向)ともに、1階床から1.35m上に線を引き、それより上の部分の垂直面積を指す。

お問い合わせはこちら

ページトップへ