保温材巻き直しました。。。

みなさんこんにちわ。

今日はあまり見ない工事風景を説明させていただきます。

こちらは何かわかりますか??

 

これは給水管と保温材です。

保温材とは凍結や外部からの保護する部材のことです。

それが太陽の日差しが当たりすぎるとどうしても劣化してしまします。

太陽の紫外線は人間の皮膚にも良くないですが、ここまで当たり続けるとどうしてもボロボロになってしまいますね。。。

 

 

 

どうでしょうか?

完璧に巻き直させていただきました。

簡単なように見えて意外と難しい熟練の技が必要とされます。

そして、少し垂れていたように見えたのでバンドも多めにつけさせていただきました。

 

これで何も問題なく使っていけるでしょう!!

それでは今日はこの辺で。。。

 

 

 

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

ユニットバスの土間打ち。。。

 

みなさんこんにちわ。

今日は現場での作業風景を説明させていただきます。

今回はタイル貼りのお風呂からユニットバスにする時に必要な工事の一つの説明させていただきます。

こちらの写真は既存の土間タイルや浴槽を解体した時の写真です。

先に配管を終わっております。

土間に補強のためワイヤーメッシュをひき次に取り付けるユニットバスの図面を元にコンクリートの仕上がりの高さに墨をつけます。

 

 

 

そして、モルタルを練っていきます。

宅内なので外で練りバケツで運んでいくことになります。

奥から順番にモルタルをコテで押さえていきます。

 

 

 

 

これで仕上がりです。

一晩かけて固まりますので中にはもう入れません。

ユニットバス全体の重量を支えるのでしっかりとした土間ではないといけません。

見えないところでもしっかりとしておりますのでご安心を。。。

それでは今日はこの辺で。。。

 

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

トイレの床をフローリングからクッションフロアに

今回はトイレの床をフローリングからクッションフロアに張替させて頂きました。

トイレや洗面室の床がフローリングで水廻りだから腐らないか心配している方も少なくないと思います。今回施工させて頂いたお客様もそうでした。

今回はトイレとフローリングの接着部分が黒くなっていたのですが、表面だけで腐っていなかったのでフローリングの上からクッションフロアを貼らせて頂きました。

便器を外した状態がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらがクッションフロアを貼った状態の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

見た目が綺麗になるだけでなく、クッションフロアは水に強い為安心です。

最後便器を取り付けて工事終了になります。

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

マンションのトイレリフォーム

今日はマンションのトイレリフォームをさせて頂きました。

マンションでも取り付けれるタンクレストイレと手洗い器を紹介させていただきます。

今回は一般的なタンクの付いているトイレからタンクレスに取替させていただきました。タンクレストイレには手洗い器が付いていないので必要であれば別に取り付ける必要があります。マンションだと給排水管が床下や壁中を通せない場合が多いのですがそのような工事をしなくても取り付けれる商品があります。

その商品がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの商品はLIXILのサティスです。

タンクレストイレと手洗い器がセットになった商品になります。

手洗い器の給排水は下の写真のカウンター部分の中を通せるようになっているため全く違和感ありません。むしろカウンターが付いてカッコよくなりました!

 

 

 

 

 

 

 

マンションだけでなく戸建て住宅でも取付可能です。

 

 

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

在来のお風呂からユニットバスへリフォーム工事させて頂きました!後編

みなさんこんにちは。

今回は昨日ご紹介させていただいたつつ”きからです!

解体工事が終わると床が土のままなのでセメントで新しい床を作っていきます。

 

左官工事完了、配管工事も完了です。

配管工事は古いお風呂だとお湯の配管が金属の銅管であることが多い為ハイブリッドホースというものに変換して配管します。

ここまでくれば後ユニットバスを組み立てるだけです!

 

 

 

ユニットバスの完成です。

正確にはユニットバスが組みあがってから給水給湯電気などの接続工事があります!

とっても印象がガラッとかわってます!!

凄いおしゃれです!

 

洗面室から見た写真です。

扉も白色になって明るくなったような気がしますね!

今回のユニットバスはLIXILのユニットバスでした!

前編、後編とお読みいただきありがとうございました!

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★

在来のお風呂からユニットバスへリフォーム工事させて頂きました!前編

みなさんこんにちは。

今回は在来のお風呂からユニットバスへのリフォーム工事をさせて頂きました!

この記事は長くなるので前編 後編でご紹介させていただきます!

まずは現場調査させて頂いた時の写真からご紹介させていただきます。

 

洗面所からみたお風呂の入口です。

 

 

 

 

 

 

お風呂の中からの写真です。

 

 

 

 

 

 

浴槽の写真です。

このお風呂を解体工事していきます。

地面は下に土が入っているので土まで取っていきます。

では解体後の写真をご覧ください。

 

 

 

 

解体後の床の様子です。

タイルの下にはこのように土が広がっています。

次は窓回りの写真です。

 

 

 

窓回りのタイルはユニットバスの窓枠が入るのであらかじめとっておきます!

前編はここまでです!

後編はまた明日更新させていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

★八尾・東大阪でリフォームするならMIMA★

★あんしん対応No,1 八尾で不動産を探すなら『八尾不動産.com』★

★八尾のリフォーム大王美馬功之介「社長の独り言」★