リフォーム用語集

末口

立木や丸太の先端(樹冠という)に近い方を「末口」という。
柱として使う場合は、木が立っていた時と同様に、末口を上にして使用する。
また継手では、上に乗る「男木」(おぎ)として加工する。
ちなみに丸太の径は、末口の径で表すのが一般である。

お問い合わせはこちら

ページトップへ