リフォーム用語集

筋交い

建物の構造を強固にするために、骨組のなかにに斜めにいれる部材。
引張り力に耐える引張筋交いと、圧縮力に耐える圧縮筋交いとがある。
木造では圧縮材として柱の2分の1程度の太さの木材が使われ、鉄骨造では引張材として丸鋼やアングルが使用される。
筋交いを1つ入れることを「シングル」、2つ交差させて入れことを「ダブル」または「たすき掛け」などと呼んでいる。

お問い合わせはこちら

ページトップへ