リフォーム用語集

目視等級材

JAS(日本農林規格)の製材規格では、マツ・スギ・ヒノキ等の針葉樹構造材の強度性能を保証するため、実大材の強度試験値をもとに、構造計算を行う際の許容応力度の設定を可能にするための等級区分を設けている。
これを「目視等級材」あるいは「目視等級区分製材」という。

お問い合わせはこちら

ページトップへ