施工事例

(八尾市) 外部階段手摺取付

マンションやビルの外階段に手すりを取り付けました。
手すりのない外階段も少なくありませんが、利用者の方の年代や転倒防止にはひと役買う物です。取付まで写真で説明していきます。

≪ 工事前 ≫
取付前はこんな感じでした。
まず取付位置や高さを決め、ずれが生じないようテープで目印をつけていきます。
手摺を支える部品を取り付ける必要があり、コンクリートの壁に穴をあけていきます。

≪ 工事中 ≫
ボルトで手摺を固定する為ボルトをねじ込めるようにアンカーを打ち込みます。

【アンカー(ボルト)とは....?】
構造部材や機器を固定するために、コンクリートを埋め込んで使用するボルト。引っ張りに抵抗する役割を持ち、取り付け部品をしっかりと土台に固定する際に使用する。

つまり手摺が外れないように補強します!この工事をしてから支柱と手すり本体を付けます。

≪ 取付後 ≫
傾斜も緩やかな階段で特別危険には感じませんでしたが手すりがあると安心感がアップしました。
似たような工事をご検討の方はお気軽にご連絡ください!

メール:お問い合わせフォームより
電話:0120-43-0683

お問い合わせはこちら

ページトップへ