施工事例

八尾市で屋根の塗装工事をさせていただきました

いつも大変お世話になっております。この度は八尾市で屋根の塗装工事をさせていただきました。
以前に外壁の塗装は機会があってされたそうですが、屋根の塗装はされていなかったそうです。
今回大規模なリフォーム工事に伴って、足場を設営する必要がありましたので一緒に今回施工をさせていただくことになりました。

上の写真共に施工前写真になっております。
長年メンテナンスをされていなかったこともあり、アンテナの付近はアンテナの足からの錆が屋根材にもついてしまい、変色していました。

上にまで登る際にも屋根材の表面が粉っぽくなってしまっておりまして、屋根の角度もありましたのでいつも以上に慎重に登らせていただきました。

塗装をする前に屋根材についた汚れを高圧洗浄によってきれいにします。これをせずに塗装をすると仕上がりが汚くなるのはもちろんですが、新しい塗料の密着が悪くなり十分に塗料の性能が発揮できません。

屋根の塗装の際には屋根材だけではなく、棟といわれる金属の部分も塗装します。これはその際の錆止めを塗っているところです。

屋根は基本3度に工程を分けて塗装します。乾くたびにその上から塗装して塗膜の層を作っていくような感じです。
これはその1回目の下塗りといわれる工程です。

これが上塗り1回目で先の下塗りの後の工程です。中塗りとも言いますが、これで2層めですね。あともう一度上塗りをして塗装完了となります。
今回は屋根の塗装工事の一部をご紹介させていただきましたが、塗装は見た目をきれいにする目的よりも屋根材の元々ある性能の回復をして雨漏り等を防ぎ、建物を守るという意味合いの方が重要なんです。

お問い合わせはこちら

ページトップへ